スポンサーリンク


9月23日 buzz練習録

こんにちは

buzzbulletsの勝田竜馬です。

 

今日のメニューです。

 

練習メニュー

 

午前

スクエア

45度ミート

セット連

ミニゲーム

午後

3対3

エンド前

ノマと試合(2本)

ミニゲーム

シャトルラン

今日は45度ミートを片手ミート縛りでやりました。

20本連続で続くまでやりましまが、かなり時間がかかってしまいました。

ミスはもちろん、挟んでキャッチしたら0から、スローが浮いても0からと厳しくやってます。

片手ミートの肝はやはりスローの質なので、日頃からスローの質に関してはこだわっているのですが、より意識して投げないと取りづらくなってしまいます。

2018年のドリームカップでは、all starチームはあの風の中でも体の前でミートしていたので、世界レベルでは当然必要になってくる要素だと思います。

午後はノマと試合をしました。

1試合目はキープ合戦でブレイクできず、勝てはしましたが内容は全く満足できるものではなかったです。

ブレイクチャンスは2回ありましたが、ブレイクしきれず、今シーズンはオフェンスに重きをおいているので尚更ダメダメでした。

それでもしっかり反省、コミュニケーションを取ることはでき、シュートのミスに関して、「通らなかった」という結果だけでなく、なぜ通らなかったのか、その前のディスクの動きはシュートを打ちやすくするためのものだったのか、走り方はイメージ通りだったのか。まで突き詰めています。

通らなかったから、個人の問題だから次は通して。ではあまり進歩がないので、とことん話します。

最低限勝つことは出来ました。

バズの今年の目標はusopenで4位以上になることです。

なぜ4位かというと、次のクラブ選手権で世界一になるための最初のステップとしての4位。

アメリカが本気を出してくるのはトーナメントに入ってからなので、トーナメントで本気のアメリカと試合をしたいという意味での4位。

準決勝から配信もあり、コートもスタジアムでの試合になります。

僕も出場した2016年のロンドンの世界大会では、かなり大きなスタジアムの試合で、観客の声で外からの声も届かず、あがってしまう選手も少なからずいました。

なので上記のような環境で試合をするという経験を積むための4位という理由になります。

なので口うるさく練習中に言い合うのですが、そのプレーはアメリカに通じるのか、そのシュートはアメリカ相手でも通ったのかということを意識しています。

毎年海外遠征には行きますが、そこで出てくる反省はいつも同じものなので、やはり1年経つと忘れてしまいます。

なので普段の練習から忘れずに声掛けすることが大事になります。

最近雨で練習できない日が多かったですが、その分練習できる日を大事にして密度濃く練習しています。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

今週は仕事が忙しく更新できずすいません。

コメント