スポンサーリンク


10月6日 buzz練習録

buzz練習録

こんばんは

buzz bulletsの勝田竜馬です

最近台風が多く、なぜか週末に雨が降ることが多かったですね。

そのため練習ができない日々が続いていたので、今日は戸塚にある人工芝のグラウンドを借りて練習をしました。

さすがにチャンピオンズリーグも控えているので、焦っています、、

また、今日は武者修行ということで仙田君と、長橋君が練習に参加しました。

明日も来てくれるそうなので、バズの雰囲気を盗んでくれると良いとおもいます。

では今日のメニューです。

練習メニュー

スクエア(短め)

45度ミート

シュート

セット練

ゲーム

今日はコートの関係上三時間のみの練習だったので、内容は少なめです。

今日は練習前から意識していたのですが、少ないアップ時間でどうやって試合に入り込める体と心を作るかという問題が露呈しました。

海外の大会に行くと割とあるのですが、試合間の時間が短すぎて、コンディションが作れないということがあります。

U23や、A代表の場合はしっかり日程が確保されているので上記のようなケースは少ないのですが、先日参加したUSOPENのような大会だと過密スケジュールの場合があります。

とはいえ相手も同じ状況なので、この問題を考える必要がありました。現に今年のUSOPENではこの問題で苦戦した試合もありました。

自分は試合に入ったらパッと試合に入り込める人間だったのですが、流石に短すぎる試合間の場合は話が違いました。

しかし、ベテラン陣は経験からなのかそれを個人でやってのけるのです。

できる人はいいのですが、できない人はやはりチームとして全体のコンディションを上げる必要があるので、以下の事を意識しています。

  • とにかく声を出す
  • いいプレーを褒める
  • ルーティーンを作る

1つ目は原始的ですが、1番有効だと思ってます。

無理矢理声をだして気持ちを高めるということですね。

ただ、これは一人でやっていても効果は薄いと思います。
一人だけ声を出すってキツイですし、長く続かないですからね。

これは相乗効果の方が大きいと思うので、皆で声を出すといいです。

2つ目はいいプレーを素直に褒めること。褒められて気分が悪くなる人はいないだろうし、褒められた人は乗ってくると思います。

またいいプレーをすれば自分にも帰ってくるのでそれもまた嬉しいですね。

バズでは意外かもしれませんがいいプレーをすればめっちゃ褒めてくれます笑

3つ目は試合に入るルーティーンを作ること、これは言わずもがなですが、僕の場合は空を見て深呼吸をします。なんか落ち着きます笑

どちらかというとプレッシャーを感じにくいタイプですが、アメリカとの決勝戦など、多少は緊張してるのです、、、

特に目新しいことは言ってないと思います。

ただ、それが出来ているかは別の話なので、

当たり前を当たり前にやる、当たり前のレベルを上げる。

 

ということはこの話に限らず意識していきましょう。

明日はかなり暑くなるみたいですね、もう10月ですが熱中症には十分注意しましょう。

怪我も含め、どんなにうまい選手もグラウンドに立てなければ意味はないですからね。

また、学生選手権の決勝がありますね。

直接見ることはできませんが、後で動画は見たいと思うので、出場される選手は是非力を出し切ってくれる事を祈ります。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント