スポンサーリンク


ゾーンオフェンスの極意

アルティメット全般

こんばんは

 

buzzbulletsの勝田竜馬です。

アルティメットでよく物議をかもすゾーンディフェンスですが、今日はそのゾーンオフェンス。ゾーンの崩し方について書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゾーンディフェンスって何のためにかけるの?

第一にゾーンディフェンスを掛ける目的を考えてみましょう。

  1. 相手の足を止めさせる
  2. オフェンスセットを休ませる
  3. スローの苦手な選手でTOを起こす

 

などがあると思います。

 

相手の足を止めさせる

相手の足を止めさせたい時とはどんな状況か

①相手チームが自チームよりも運動能力が高く、1対1で止められないとき

②試合の流れを考え、相手を波に乗らせないよう緩急をつけたいとき

 

ゾーンディフェンスをすることで、相手の足を止めさせるという目的が主な目的の一つかと思います。

体育大学の様な身体の力の高い相手に、ペースを作らせないようにゾーンをかけます。

また、シュート主体で勢いに乗りそうな相手にゾーンをかけることでペースを崩したりします。

 

オフェンスセットを休ませる

最近日本の大会では少なくなりましたが、試合時間が2時間ほどあるような大会や、

一日に何試合もあり、それが数日続くような大会、またはチームの人数が少なく体力に余裕がない場合に、

パスをかさませて時間を使わせるようなゾーンをかけます。

それによって相手も消耗しますし、自チームのオフェンスセットを休ませることが出来ます。

 

TOを起こす

学生ではこちらが一番のメインかと思いますが、アルティメットを始めて数年とまだ日が浅い場合や、風が強くスローが投げづらい場合などにゾーンをかけることでディスクを運ばせず、前でTOを起こしたいときにゾーンをかけます。

大学選手権や、新人戦などで多用されるパターンですね。

 

 

他にも目的はあると思いますが、ここでは大きく3つ上げさせてもらいました。

では肝心のどうやってゾーンを崩したらいいの?という点について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ゾーンをかけられたときにすべき5つの行動

ゾーンをかけられたとき、僕がまず考えること、実践することは以下の5つです。

  1. ディスクを動かして観察する
  2. シュートコースを探す
  3. カップの中にスぺースを操る
  4. 逆サイドに流しきれるように選手を呼ぶ
  5. 一本抜けたらとにかく走る

 

ディスクを動かして観察する

ゾーンはいつかけられるかわかりません。

かけられたときにすぐさまオフェンスを切り替えてディスクを持たずに動かします。

ここで止めてしまうと、相手の陣形が組まれ後手に回りがちです。

とにかくディスクをいったん動かして、動かしながらどんなゾーンなのか観察しましょう。

バックアップなのかサイドアップなのか、3カップなのか4カップなのか、奥は何人で守っているのかを確認します。

崩すウィークポイントを探しながら、相手がどこでハメたがっているのかも把握するようにしましょう。

ウィークポイントを見つけたら徹底的にそのポイントで攻め続けます。

相手が修正してくるまで攻め続けます。

ウィークポイントを攻めるのは勝負の鉄則です。

 

シュートコースを探す

ゾーンだろうがマンツーマンだろうが、シュートで点を取られることが嫌なことには変わりありませんし、短い本数で点が取れればそれだけTOの確立も減ります。

なので、どこからならシュートが打てるのかを見定めます。

僕の場合はサイドシュートが得意なので、バックアップでもサイドアップのゾーンでも攻める方向を見て右側のサイドでディスクをもらいます。

その方が右手で振りかぶる以上、投げられる範囲が広いので右サイドから打つことが多いです。

とはいえ、風が強すぎて打てないという状況もあるかと思います。

ただ、強風でもスタンディングではなく前を向きながらディスクをもらって体重を乗せて打ったり、ミドルとの距離を縮めたりすることで、シュートが通る確率は上がるはずです。

ディスクの展開が悪い中スタンディングで打っても、余程の肩がない限り難しいでしょう。

 

また、大抵のゾーンは対角のチョップか、ハンマーで落とせる場所は捨てているエリアになるかと思います。

ゾーンとはいえすべてを守ることはできないので、相手が捨てている、「そこはしょうがない」と思っているところにシュートや、上のスローを使って攻めましょう。

 

カップを動かす

ゾーンDの肝となるカップですが、カップが機能していないとディスクは左右に振られ、人と人との間にスローが通しやすくなります。

なので相手のカップをコントロールしましょう。

相手のカップが広いときは、ハンドラーやミドルがカップの中に入りゲインでパスをもらい、カップがずれて出来たスペースを他の選手に狙ってもらいます。

逆にカップの中に入ったときにカップが付いてくるようなら、左右にディスクを振り、またカップがずれたスペースを狙います。

また、ディスクを展開中にあえてリターンパスを出して意表を突くことでカップの対応を遅らせたりもします。

カップが疲れてくれば動きも悪くなりますから、左右に振って根気勝負に持ち込んでもいいと思います。

 

逆サイドに流しきれるように選手を呼ぶ

これは少しハンドラー目線ですが、ディスクが展開できない要因の一つに、ディスクを逆サイドに流しきる準備ができていないことが多いです。流すのではなく、流しきることが大事です。

どういうことかと言うと、たいていハンドラー3人、ミドル4人で出ることが多いと思いますが、風が強いときや、カップが上手いときは、どうしてもバックゲインで裏に流さなければならない場合があります。

ディスクが下がることを嫌がる選手もいますが、下がってもその分逆サイドに流しきるまでにゲインすればいいだけの話なのですが、ハンドラーが3人しかいないと一人一人の距離が風やカップのせいで短くなり、逆サイドまで流しきれず、ディスクを下げてただコートの真ん中までしか流しきれない、という状況に陥ります。

そして裏のスペースは使えず、オープンサイドまでゲインで展開し、ハメ側ではまりやっとの思いでバックゲインをして抜け出しますが、コートの真ん中までという負のスパイラルに陥ります。

これを防ぐためには、

  • ハメ側では長い時間ディスクを持たない。
  • ハメ側にディスクがあるうちに4枚目のハンドラーになるだろう選手を3枚目の選手がコントロールする

という事が大事になってきます。

逆サイドまでディスクを流せる準備を整えてから、一気に4枚目の選手まで使うことで、よりコートを広く使うことが出来ると思います。

このディスクに直接絡んでない「オフ ザ ディスク」の状態でいかに準備をしておくかがゾーンオフェンスでは大事になると思いますし、マンツーマンのオフェンスにもつながる考えです。

 

一本抜けたらとにかく走る

ゾーンをかける目的の一つに、相手の足を止める為と書きましたが、相手が足を止めたいのなら逆に足を使ってやればいいのです。

ぞれだけ相手は足を使われるのが嫌だということなのですから、一本スローが出たらディフェンスよりも早く走ることです。

後手に回ったゾーンディフェンスほど楽なものはないので、走れる場面が来たらとにかく走る。

ハンドラーはミドルよりも投げれる事が多いので、特に走ってさばくと止めようがないです。

また、ミドルはハンドラーが抜いてくれるまで足を止めがちですが、これも相手の思うつぼです。

特に前後の動きを増やし、ハンドラーがいい展開でもらった時は迷わず奥に走りましょう。

シュートが打てなくても相手はついてくるはずです。その空いたスペースを使ってもらいましょう。

簡単に聞こえますが、実際にできているでしょうか。

下手にリスクを負って何回もスルーザマーカーで抜くよりも、走って崩した方が数倍も楽ですし、リスクも格段に減ると思います。

 

 

 

 

まとめ

5つ挙げさせていただきましたが、ゾーンオフェンスは得意なプレーをするというよりは、相手がやられて嫌なことをする。という面がマンツーマンのオフェンスよりも強い気がします。

だからこそ、相手が何のためにゾーンをかけているのか、どこで何をしたくいゾーンなのかを考える必要があると思います。

僕自身ゾーンを崩せず苦労したことも勿論ありますが、崩せればこんなに楽に点が取れることはないと思いますし、早いうちに「ゾーンが効かない」と思わせることもテクニックの一つなので、ゾーンを崩す技術の一つとして受け取って頂ければ幸いです。

 

 

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

 

コメント