スポンサーリンク


アルティメット海外遠征【台湾編】

Buzz Bullets

こんばんは

 

BuzzBulletsの勝田竜馬です。
最近アルティメットナイトに顔を出すと、挨拶してくれたり写真を撮ったりと、
少しづつですが認知されてきたのかなと感じます。
今の大学生とはあまり接点が少なくなってきているので大変うれしく思います。
ここから更に、大学生チームの現状や必要な情報など、現場の意見を吸い上げられたらな~
と思います。

さて、少し前になるのですが12月7~10日に台湾に遠征に行ってきましたので、
どんな遠征だったのか紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾遠征2018

今回の遠征地は、台湾の台中でした。

ここです↓

日本よりも少し南に位置しているので、気温も20度近くとても過ごしやすい気候でした。
(日本に帰ってきたときは逆にとても寒かったです、、、)

今回の遠征は、私が所属している”文化シヤッターBuzzBullets”が台中で行われるアルティメットの大会に招待され、唯一の日本チームとして参加させていただきました。

欧米諸国に体格で劣るアジア諸国ですが、その中でも日本はアルティメット大国アメリカに肉迫する実力を有しています。
日本特有の、背の高さに頼らない速いテンポのアルティメットをアジアはもちろん世界の国々から参考にされており、台湾もその国々の1つで、”日本と試合をしたい”、”生で試合を見て学びたい”という気持ちから招待をされました。

試合期間は2日間の大会日程で、台湾の5チーム+台湾オールスターズ、計6試合をしました。
前後半13点先取、1時間試合だったので、スケジュール的には日本と同じくらいの余裕はあったかなと思います。
本当にタイトな時は試合間20分以下等ザラにあります、、、、

結果的にすべての試合を大差で勝つことができ、日本の力を示すことができ良かったですが、
その中でも”future of taiwan”というチームとの試合が印象に残っています。

このチームは名前の通り若手のチームですが、私と同世代のメンバーで構成されたチームでした。
学生の時に出場したU23の世界選手権でも見かけたメンバーがおり、当時よりもレベルアップしていること、同年代のプレイヤーが他国でも切磋琢磨していることに嬉しくかつ刺激をもらうことができました。
もちろん負ける気持ちはないので、むしろ同世代を代表する選手になりたい。ならねば!
と思った試合でした。

↑こちら同年代の台湾選手

年に2~4回ほど海外遠征に行きますが、こうやって同年代の選手と世界各地で会えるのはアルティメットをしている中での楽しさの一つかなと思います。

また、BuzzBulletsに所属することで、他のチームではできない経験を詰むことができるので、正直Buzzほどアルティメットに打ち込める環境はないのでは?と思っています。
(トライアウトお待ちしてますよ^^)

この台湾遠征で2018年の活動は終了です。
2019年もアルティメットな年になるようこれからも頑張ります!!

コメント