スポンサーリンク


日本代表強化練習会【1月】

日本代表

こんにちは

buzzbulletsの勝田竜馬です。
1月26、27日に行われた日本代表の強化練習会に参加してきましたので、
どんな練習だったのか、何を感じたのかまとめておきたいと思います。

1日目

午前
アップ:スルーザマーカー
セット練習1toあり
セット連点取るまで
30分ゲーム

午後
ミックス希望メン希望の2チームに別れて30分ゲーム×2

夜のミーティングは無し
大阪なおみ全豪オープン優勝

 

二日目

午前
男女
皆でブラ体
ミックスでチーム振り分け(男女ポジションごとに適当に)
チームごとにアップ
45度ミート
男女合わせてミックス(ハンドミドル男女比のみ)
セット連
再度チーム分け
ミックス希望のチームと、メン希望ウィメン希望合併チーム?に分けてセット練
・縛りあり
男男男や女女女といった同性の3連チャンはなし。やったらTO
→顔を上げて周りを見るくせ、判断力の向上を目的としている。

午後
チームごとにランチ
各チームの最年少男女がキャプテンに任命される(僕もキャプテンに、、、もう最年少って歳ではない)
各チームでアップ
ゲーム総当たり(3試合)
各チームのキャプテンから総括を発表
メン部門ウィメン部門別れてゲーム

 

 

 

2日間の動きはこんな感じでした。
参加人数は男女各25名程度だったでしょうか。
男子のメンバーはバズ・ノマ・スピがほとんどでした。
岡田監督の求める能力は以下の2つ
 ・シュートを通せる力
 ・1体1で相手を止めるディフェンス力

監督の目指すチームを作るためにも、この2点は常に意識してプレーをする必要があります。
1日目は強風ではあったもののチーム全体としてキャッチミスがとても多く、代表レベルとは言えない程だったので猛反省、、、
寄せ集めのチームなので、最初は合わないことが多いですが如何に早く修正できるかという修正力も求められる要素だと思っているので、合わないプレーやちょっとした疑問があればすぐに駆け寄ってコミュニケーションをとりました。
ノマの選手が多かったので、ほとんどプレースタイルはわかっているつもりでしたが、思ったよりもうまくはいかず。でした。

2日目はミックスで練習しました。
ミックスはGAIAレベルでしかやったことがなかったのでちゃんとできるか不安でしたが、やはり女子のレベルも高く、やりづらさは全く感じませんでした。
むしろ、スペース明けやポジショニング、スローへの気遣いなどいつもよりも頭や神経を使うことが多く楽しさすら感じるほどでした。
ミックスのチームでは、女子からシュートやスルーザマーカーでもらえるととても楽にディスクを運べますし、相手のディフェンスも付きにくくなるので、
この点を早く早く修正することが課題に上がりました。
正直この点はミックスをやってみて、初めて気づいた点で、今までメン部門しかやったことのなかった自分にはとても新鮮でした。
最後に男女分かれてゲームをしましたが、ミックスで得たこと、気づいたことをどうやってメン、ウィメンの試合に昇華するかが難しく、この点ができないとミックスでやったことが無駄になってしまうので、いつもよりも周りを見たり、ミックスとの距離感の違いを意識しながらプレーできたことはよかったです。
ウィメンは男子が混ざることによる、距離の伸び方やスピード感をウィメンの試合に昇華することが求められていたと思います。

ここが一番大事で難しいと思うので、継続していきます。
今回のようにいつものと違うメンバーや部門の方と練習する機会は少ないので、
強化練習会のようにレベルも高い練習会にはもっと参加していきたいな!と思いました。
2月にもまた練習会があるので、楽しみに、そして自チームにも還元していきます!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント